トップページ被保険者資格の適用について


 被保険者資格の適用について


 被保険者とは

75歳未満の方で、神奈川県、千葉県、東京都(伊豆諸島・小笠原諸島を除く)、山梨県、埼玉県、静岡県の区域に住所を有する者で、一般社団法人神奈川県歯科医師会の会員である歯科医師及び当該歯科医師が開設又は管理者となっている診療所に勤務する者及び組合に勤務する者とその家族、従業員を被保険者として構成され、次の種別により区分されています。

第1種組合員
 一般社団法人神奈川県歯科医師会の会員で診療所を開設又は管理する歯科医師

第2種組合員
 第1種組合員が開設又は管理する診療所に勤務する歯科医師

第3種組合員
 第1種組合員が開設又は管理する診療所に勤務する歯科医師以外の従業員(技工士・衛生士・助手・事務等)及び国保組合に勤務する者

後期高齢者組合員
 高齢者の医療の確保に関する法律第50条に規定する被保険者で、規約第7条第3項に定める届出を行った組合員

その他の被保険者(家族)
 
組合員と同じ世帯に属する75歳未満の者で他の医療保険に加入していない者

 加入日

組合員加入の場合
 @原則として常務理事が加入の申し込みを受理した日
 A適用除外承認を受けて加入するときは適用除外を受けようとする年月日(厚生年金保険加入の日)

家族加入の場合
 @原則として常務理事が加入の申し込みを受理した日
 A他の保険の資格喪失の日(退職日の翌日)
 B出生した日

 ※75歳以上の方は、新規に加入することはできません。
 ※同一世帯に市町村国保へ加入しているご家族は、包括適用となる場合があります。

 喪失日
 @原則として届出を受理した日
 A他の保険に加入した日の翌日(他の国保組合の場合は同日)
 B死亡した日の翌日
 C75歳の誕生日の翌日(後期高齢者医療広域連合の被保険者となります)

 70歳以上の方

70歳以上の方
70歳を迎えると、当組合より「国民健康保険高齢者受給者証」が交付されます。高齢受給者証は、前年度もしくは前々年度の所得に応じて給付割合が異なりますので、毎年所得の証明の提出をお願いしております。
医療機関等におかかりの際は、被保険者証と一緒に「高齢受給者証」を窓口に提示してください。

75歳以上の方(65歳以上で一定以上の障害があると認められた方)
75歳以上の方(65歳以上で一定以上の障害があると認められた方)は、長寿医療制度(後期高齢者医療制度)の適用を受けることになり、国保から切り離されて広域連合が行う長寿医療制度(後期高齢者医療制度)による給付を受けることになります。
そのため、お住まいの市区町村より「後期高齢者医療被保険者証」が交付されますので、医療機関におかかりの際はこれまで提示していた被保険者証の代わりに「後期高齢者医療被保険者証」を窓口に提示してください。

 法人事業所及び従業員が5人以上の事業所

健康保険法第3条の規定により、法人事業所と従業員が常時5人以上の事業所は、社会保険事務所が管轄する健康保険、厚生年金に加入が義務づけられています。
ただし、従来から当組合に加入していた組合員が法人認可を受けた場合、または従業員数が常時5人以上になった場合は、社会保険事務所の「健康保険適用除外承認」を得て、引続き当組合に加入継続が認められます。