トップページ>人間ドック

 保健事業


 人間ドック


35歳以上の組合員および家族の方、後期高齢者組合員の方を対象に、同一年度内(4月1日〜3月31日)に1回の補助を行っております。

□人間ドック等契約施設(一部を除く)で受診される場合、人間ドックに併せて次の検診も併せて受診することができます。

 ○特定健康診査の対象となる組合員および家族の方については、当組合の人間ドックの補助を利用して、特定健康診査を含めての受診することができます。

 ○オプション検査としてがん検診の補助を併せて利用できます。(がん検診の受診に関する内容についてはこちらをご覧ください。)

 補助金対象者

35歳以の被保険者および75歳以上の後期高齢者組合員の方

 ○人間ドックと健康診断はどちらか一方の補助となります。
 ○同一年度内(4月1日〜3月31日)1回となっており、2回以上受診された場合は、補助金は支給できません。

 補助金の額
組合員 40,000円以内
家 族 30,000円以内


 ○特定健康診査の健診料は、補助金額の中に含まれます。
 ○がん検診(オプション検査)は一部負担なしで受診できます。
 実施機関と受診方法および料金について

次の3つの方法で受診できます

@ 人間ドック等契約施設で特定健康診査を含む人間ドックを受診する場合
対象者 40歳から75歳未満の方で特定健康診査対象者の方
受診項目 人間ドック+特定健康診査
がん検診(オプション検査)
実施機関 人間ドック等契約施設(一覧はこちら
申し込み 各契約施設へ直接申し込みいただき、その際に以下の事を申し出てください。
@当組合に加入している旨
A住所・氏名・電話番号
B受診希望日
C特定健康診査を併用で受診したい旨
Dがん検診を受診する場合はその旨
持参するもの

@特定健康診査受診券
A人間ドック等健康診査補助金支給申請書
B被保険者証
C施設で指示のあったもの

受診費用 特定健康診査の健診料金は補助金の中に含まれますので、人間ドック料金から補助金額(40,000円・30,000円)を差し引いた残りの金額がご本人負担となります。がん検診(オプション検査)の一部負担はありません。


A 人間ドック等契約施設で特定健康診査を含まない人間ドックを受診する場合

対象者 特定健康診査対象外の方
後期高齢者組合員の方
受診項目 人間ドック
がん検診(オプション検査)
実施機関 人間ドック等契約施設(一覧はこちら
申し込み 各契約施設へ直接申し込みいただき、その際に以下の事を申し出てください。
@当組合に加入している旨
A住所・氏名・電話番号
B受診希望日
Cがん検診を受診する場合はその旨
持参するもの

@人間ドック等健康診査補助金支給申請書
A被保険者証または後期高齢者組合員証
C施設で指示のあったもの

受診費用 当組合の補助金制度を利用しての受診となりますので、人間ドック料金から補助金額(40,000円・30,000円)を差し引いた残りの金額がご本人負担となります。がん検診(オプション検査)の一部負担はありません。


B 人間ドック等契約施設以外で受診する場合
 ※特定健康診査の併用は出来ませんので、対象者の方は別途特定健康診査のみの受診をお願いいたします。

対象者 35歳以上の被保険者の方
後期高齢者組合員の方
受診項目 人間ドックのみ(がん検診の補助は併用できません)
実施機関 最寄の医療機関
申し込み 受診する施設の指示に従ってください
受診費用 検診料全額(補助金については後日組合に申請いただき、指定の口座に振り込みます
提出書類 @人間ドック補助金支給申請書(組合にご連絡いただき取り寄せてください。)
A検査結果表(写)
B領収書
注意事項

契約施設以外で受診された場合、検査内容によっては補助金の支給対象にならない場合もありますので、受診される前に一度組合までご相談ください。

医療保険者には、被保険者への特定健康診査・特定保健指導の実施と健診データの管理が義務付けらており、健診結果は実施機関より、国民健康保険団体連合会を通じて、当国保組合に提出され、保健指導への活用および管理することになります。知り得た個人情報については他に漏洩いたしません。

※特定健康診査についてはこちら、がん検診(オプション検査)についてはこちらをご覧ください。