国民健康保険料

国民健康保険料

当組合の保険給付(医療費)に要する主な財源は、皆さんから納めていただく保険料と国からの補助金でまかなわれております。保険料は、組合運営のための重要な財源です。必ず納入期限までに納めてください。

保険料について

当組合の保険料は下記の①医療分保険料、②後期高齢者支援金分保険料、③介護分保険料、④保健事業見合い分保険料の合算額になります。

①医療分保険料(1人当り:月額)

  • 第1種組合員(事業主) 25,000円
  • 第2種組合員(勤務医) 18,500円
  • 第3種組合員(衛生士、助手等) 12,500円
  • 家族 8,000円

②後期高齢者支援金分保険料(1人当り:月額)

  • 第1種組合員(事業主) 6,300円
  • 第2種組合員(勤務医) 5,200円
  • 第3種組合員(衛生士、助手等) 3,900円
  • 家族 2,600円

③介護分保険料(1人当り:月額)

  • 40歳~64歳の被保険者 4,500円

④保健事業見合い分保険料(1人当り:月額)

  • 後期高齢者組合員 5,000円

(算定例)令和元年度保険料

第1種組合員(院長(40歳以上))・家族3人(妻(40歳以上)・子供2人(中学生・小学生))の世帯の場合の保険料

  • 第1種組合員(院長) 医療分25,000円+後期高齢者支援金分6,300円+介護分4,500円
  • 家族(妻) 医療分8,000円+後期高齢者支援金分2,600円+介護分4,500円
  • 家族(中学生) 医療分8,000円+後期高齢者支援金分2,600円
  • 家族(小学生) 医療分8,000円+後期高齢者支援金分2,600円

⇒合計72,100円となります。

第2種組合員(勤務医・40歳以上)・家族(妻・40歳以下)の世帯の場合の保険料

  • 第2種組合員(勤務医) 医療分18,500円+後期高齢者支援金分5,200円+介護分4,500円
    • 家族(妻) 医療分8,000円+後期高齢者支援金分2,600円

⇒合計38,800円となります。

第3種組合員(衛生士・40歳以下)の保険料

  • 第3種組合員(衛生士) 医療分12,500円+後期高齢者支援金分3,900円

⇒合計16,400円となります。

(注意事項)

保険料は月の途中の加入であっても、加入された月から1か月分の保険料を納付していただきます。

月単位となっておりますので、日割り計算されることはありません。

月の途中の資格喪失の場合、その月の保険料はいただきません。

保険料は、月末締めの翌月引落しとなっておりますので、締め後の加入・喪失等に関しては翌々月に調整(遡及・還付)いたします。

保険料額の告知

その年度の国民健康保険料は、「神歯歯界月報」、毎年4月にお送りいたします「予算のお知らせ」でお知らせいたします。

また、毎年5月に各事業所宛に「保険料納入告知書」を送付して通知いたします。

なお、家族の異動等により保険料の額が変更になった場合は、改めて「保険料納入告知書」を送付します。

保険料の納入方法

保険料は、当組合に加入された第1種組合員(事業主)から届出のあった下記金融機関口座より、第2種組合員・第3種組合員・家族の保険料をを含めて当該月分を翌月に引落しいたします。

(例)4月分保険料⇒5月に引落し

保険料は、引落日の前日までに口座へご準備ください。
(取扱金融機関と引落日)
神奈川県歯科医師信用組合 社会保険診療報酬の入金日
神奈川県医師信用組合 22日(休行日は翌営日)
横浜銀行 25日(休行日は翌営日)
みずほ銀行 25日(休行日は翌営日)
三井住友銀行 25日(休行日は翌営日)
りそな銀行 25日(休行日は翌営日)
三菱UFJ銀行
(旧・東京三菱銀行の支店)
26日(休行日は翌営日)
三菱UFJ銀行
(旧・UFJ銀行の支店)
月末日(休行日は前営日)
神奈川銀行 25日(休行日は翌営日)
スルガ銀行 25日(休行日は翌営日)
静岡銀行 月末日(休行日は前営日)
群馬銀行 25日(休行日は翌営日)
東京スター銀行 25日(休行日は翌営日)
川崎信用金庫 月末日(休行日は前営日)
湘南信用金庫 月末日(休行日は前営日)
さがみ信用金庫 22日(休行日は翌営日)
かながわ信用金庫 25日(休行日は翌営日)
引落口座の変更をご希望される場合は組合までお電話いただくか、こちらより預金口座振替依頼書をダウンロードしてください。

保険料領収証

毎年、1月中旬に「保険料領収証明書」を発行します。確定申告の際に必要になりますので、大切に保管して下さい。

メニュー

メニュー